肝臓専門外来

肝臓専門外来

肝臓専門医による、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、肝硬変の診断・治療
苦しくない内視鏡検査をご提供

当クリニックは、
「東京都肝臓専門医療機関」です。


日本肝臓学会専門医である院長が担当します。
B型、C型などのウイルス性慢性肝炎の診断、抗ウイルス療法を積極的に行います。

B型慢性肝炎には、ウルソなどに加え、核酸アナログ製剤(テノホビル(テノゼット、ベムリディ)、エンテカビル(バラクルード)、アデホビル(ヘプセラ)、ラミブジン(ゼフィックス))を投与し、ウイルス量を減少させることで肝炎から肝硬変への進展を防止します。B型肝炎ウイルスは、一度感染してしまうと体内からウイルスを排除することが困難です。そのため、感染しないことが重要です。小児やB型肝炎の方がご家族にいる方、医療介護関連の職種の方にはB型肝炎ワクチン接種をおすすめしています。

C型慢性肝炎に関しては、数年前まではペグインターフェロンを軸とした併用療法が中心でしたが、現在はインターフェロン注射を使用しないインターフェロンフリーの内服治療が中心となっています。DAA(直接作用型抗ウイルス剤(Direct-acting Antiviral Agents:DAAs)と呼ばれるプロテアーゼ阻害薬などの内服薬により、C型肝炎ウイルスの遺伝子型に関わらず100%近く、ウイルス消失を望めるようになりました。
当クリニックでは、C型肝炎の遺伝子型に応じて、ダクルインザ/スンベプラ併用療法、ソバルディ+コペガス併用療法、ハーボニー単剤療法、ヴィキラックス単剤療法、ヴィキラックス+レベトール併用療法、エレルサ/グラジナ併用療法を行なっており、良好な成績が得られています。

また、メタボリックシンドロームの肝臓での表現型である非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変の診断・治療、また肝硬変の管理、肝臓がんの早期診断を、最新の腹部超音波装置を用いて行なっています。

当クリニックで治療が困難な方は、連携している慈恵医大葛飾医療センター、国立国際医療研究センター国府台病院をはじめ、高次医療機関にご紹介いたします。

西小岩ファミリークリニック 小児科から高齢の方の複合的な疾患まで、専門性の高さと、診療の幅の広さを両立したクリニックです。

新着情報

一覧を見る

<臨時休診 のお知らせ >

5月31日(木) 午前  

院長が研究会参加の為、休診致します。
ご迷惑をおかけしますがご了承のほど、よろしくお願いします。

<臨時休診 のお知らせ >

4月23日(月) 午前午後 
 

院長が慈恵医大で講義のため、休診致します。
ご迷惑をおかけしますがご了承のほど、よろしくお願いします。

2017/12/22

<年末年始休診のお知らせ>

12月31日~1月8日 まで 
休診とさせていただきます。

1月9日(火)から通常診療となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。




2017/12/21

休日急患診療 のお知らせ >

12月24日(日) 
9:00~17:00 

内科・小児科 
の診療を行ないます。 
どうぞご利用ください。

アクセス

〒133-0057
東京都江戸川区西小岩4丁目10-13

【アクセス】
京成小岩駅から徒歩7分
JR小岩駅から徒歩8分
駐車場あり

詳しくはこちら