胃内視鏡・ピロリ菌専門外来

胃内視鏡・ピロリ菌専門外来

苦痛の少ない、やさしい胃内視鏡検査
苦しくない内視鏡検査をご提供

最新の細径内視鏡を用いて、内視鏡検査治療実績が1万5千件以上の内視鏡専門医である院長が担当します。鎮静剤を使用する方法は意識下鎮静法とも呼ばれ、あらかじめ点滴を準備して血管につないでおき、鎮静剤(ドルミカム)を静脈から投与する方法です。検査終了後は、鎮静剤の拮抗剤を投与して覚醒させますが、安全のため、検査後15~60分程度、リカバリールームで休んで頂いております。

花粉症外来

鎮静剤の量を多くすると、検査自体は楽に受けることが出来るようになりますが、検査後のふらつきや呼吸抑制などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
当院では適量の鎮静剤の使用を心掛け、検査中は適切な呼吸管理(サチュレーションモニター、SpO2)を行っております。鎮静剤の使用を希望された場合、自動車、自転車でのご来院は控えて頂いております。

花粉症外来

鎮静剤を希望されない方には、経鼻内視鏡も行っております。ファイバースコープが舌根部(舌のつけ根)に触れることなく食道に到達するため、口から挿入する胃カメラにありがちな嘔吐感はほとんど感じません。鼻腔内に麻酔剤を塗布しますので、鼻の痛みもありません。また、鎮静剤を使用しませんので、検査終了後に検査結果を聞いたら、すぐに車を運転して帰ることも可能です。ただ、鼻腔の形態やサイズ、患者様の体調により、鼻からの挿入が困難な場合もあります。

当院では、患者様と相談し、経口内視鏡(鎮静剤使用あり)と経鼻内視鏡を検査前に選択して頂いております。

内視鏡検査での感染対策について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

当院では、内視鏡を介した感染症対策に十分留意しております。

内視鏡スコープは、「機能水による消化器内視鏡洗浄消毒器の使用手引き」に基づき、3方向のブラシ洗浄後、最新の内視鏡洗浄器で機能水での機械洗浄をおこなっております。
手袋・ガウン(エプロン)・マスクの装着を徹底し、スタンダードプリコーションを基にした院内感染対策を行っております。
内視鏡を介した感染制御・感染防止における質の確保と、一連の洗浄消毒に伴う患者・検査者の安全性に対し、最大限の注意を払っております。

ピロリ菌 検査・除菌
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

ピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、胃がんを引き起こす危険因子のひとつとなっています。 胃がんを予防したい、ふだんから胃腸に違和感を感じる、家族が胃がんの家系である などの症状をお持ちの場合は一度検査されることをお勧めします。
従来、ピロリ菌の除菌は、胃潰瘍などの病気がないと保険を適用できませんでした。しかし2013年2月から、慢性胃炎でも保険適用としての診断や、ピロリ菌除菌の治療を受けられるようになりました。
ただしこれには下記のような条件を満たしている必要があります。
①内視鏡により、慢性胃炎の所見があること
②内視鏡検査後にピロリ菌感染が認められることが必要です
つまりピロリ菌の除菌には、胃内視鏡検査によるきちんとした診断が必要です。
除菌治療では、3種類の薬を1週間内服します。潰瘍治療薬と、2種類の抗生物質です。この抗生物質の服用で、下痢や味覚障害などの副作用が出ることがあります。これについては服用前に医師が確認します。
1次除菌で約70%を除菌する事ができ、不成功の場合は2次除菌を行います。

ピロリ菌検出のための検査方法

  • 内視鏡
  • 尿素呼気テスト
  • 尿
  • 血液
  • 便
西小岩ファミリークリニック 小児科から高齢の方の複合的な疾患まで、専門性の高さと、診療の幅の広さを両立したクリニックです。

新着情報

一覧を見る

2018/09/08

< 臨時休診 のお知らせ>

 9月15日(土)

臨時休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2018/08/04

< 夏季休診 のお知らせ>

8月15日(水)~17日(金)
まで 
休診とさせていただきます。
8月18日(土)から通常診療となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2018/07/10

休日急患診療 のお知らせ >

7月16日(月・祝) 
9:00~17:00 

内科・小児科 
の診療を行ないます。 
どうぞご利用ください。

<臨時休診 のお知らせ >

4月23日(月) 午前午後 
 

院長が慈恵医大で講義のため、休診致します。
ご迷惑をおかけしますがご了承のほど、よろしくお願いします。

アクセス

〒133-0057
東京都江戸川区西小岩4丁目10-13

【アクセス】
京成小岩駅から徒歩7分
JR小岩駅から徒歩8分
駐車場あり

詳しくはこちら